読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーマンダの羽の下

レートやオフで使う構築、調整を紹介

【S2】マンダトドン軸受けサイクル【最高2025】


f:id:hanataro0309:20170321230909j:image

【目次】

はじめに

閲覧して頂きありがとうございます、ゆたしです。

今回はS2で2000を達成した構築を紹介していきます。戦績はこちら。
f:id:hanataro0309:20170321224646j:image
(最終日だけラストの枠変えてました。今回は長く入っていたフシギバナを紹介します。ご了承ください。)

 

以下常体

 

コンセプト

全員に回復ソースを入れ、サイクルでのダメージレースに負けないようにした。

マンダ+受け2枚でマンダを通す、また受け3枚で相手の行動を全て封殺し、勝ちを目指す構築である。

特性での無効化など、タイプ受けを重視しており、安定行動をし続けても勝てる構築を目指して組んである。

 

構築の並び

f:id:hanataro0309:20170318043916p:plain

 

個別紹介

ボーマンダ

f:id:hanataro0309:20170316110638g:plain

 

性格:無邪気

持ち物:ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

実数値(努力値):

170-189(188)-150-149(68)-99-189(252)

技構成:捨て身タックル/流星群/地震/羽休め

 

スキン補正が下がる前、捨て身+流星でヤドランが落ちるといった調整を採用。

テッカグヤが両刀マンダに受け出すことが厳しい為、主にマンダミラーを想定し採用した。

ゴツメに触らず負荷を与えられたり、ロトムボルトロスに大ダメージを与えられる点が良かった。

 

トリトドン

f:id:hanataro0309:20170316110643g:plain

性格:穏やか

持ち物:オボンの実

特性:呼び水

実数値(努力値):

207(164)-x-88-124(92)-147(252)-59

技構成:熱湯/大地の力/地割れ/自己再生

 

優秀なタイプと特性はマンダとカグヤとの相性に優れ、多くの特殊アタッカーを受けることができる。

コケコやルカリオなど無振りでは届かない相手に乱数で届くようにCに割いたが、あまり有用に働いた記憶がないのでB等に振る方が良いかもしれない。

 地震よりも大地の方がコケコ等にダメージが通り、ゲンガーの鬼火の影響も受けないので、大地にしない理由はないと考えている。

あとHはオボン回復効率最大の212にした方が良い。

 

テッカグヤ

f:id:hanataro0309:20170316110646g:plain

性格:呑気

持ち物:ゴツゴツメット

特性:ビーストブースト

実数値(努力値):

203(244)-121-170(252)-129(12)-121-72

技構成:ヘビーボンバー/火炎放射/

目覚めるパワー氷/宿り木の種

 

物理マンダを完封し、優秀なタイプで龍などの物理を受ける。回復ソースが宿り木のみの為、体力管理には気を使わなければならず、交代読みの宿り木も積極的に行う。

 

ヒードラン

f:id:hanataro0309:20170316110650g:plain

性格:穏やか

持ち物:食べ残し

特性:貰い火

実数値(努力値):

193(212)-x-126-150-165(188)-111(108)

技構成:マグマストーム/大地の力/毒々/守る

 

カグヤと役割が被っているようにも見えるが、差別化している点は対ゲンガー、ポリ2、テテフへの役割である。

H振りだけのカグヤでは超火力のテテフを受けることは難しいため、出来るだけヒードランを選出するよう心がけていた。

マグマストームは強力だが外すもの。極力撃たないような勝ち筋を探す。

 

ドヒドイデ

f:id:hanataro0309:20170316110656g:plain

性格:図太い

持ち物:氷Z

特性:再生力

実数値(努力値):

157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55

技構成:熱湯/毒々/黒い霧/自己再生

 

バシャ、ガモス受けを一任しているポケモンであり、カグヤとの相性に優れる。

黒い霧でギャラやリザを誤魔化すこともでき、一度舞われていたとしても黒い霧Zで回復しつつリセットできるのが優秀。

再生力が特に優秀で、ガルーラが地震持ちだとしても毒を撃ってから逃げる等、体力管理のしやすさから立ち回りに幅を持たせてくれた。

 

 

フシギバナ

f:id:hanataro0309:20170316110702g:plain

性格:穏やか

持ち物:フシギバナナイト

特性:新緑→厚い脂肪

実数値(努力値):

187(252)-x-156(100)-152(80)-165(76)-100

技構成:ギガドレイン/ヘドロ爆弾/

宿り木の種/光合成

 

メガギャラの一舞氷の牙をキガドレの再生量込みで2耐えする調整。

ここまでで重いレボルトやギャラを見る為に、保管のメガ枠として採用したがあまり出さなかった。レボルトはともかく、ギャラに対しては立ち回りでカバー出来ていたのが、選出の少ない理由(後述)。

ここの枠は永遠に迷走している。バナ以外の5体が十分に補完が取れている為、何を入れても浮いてしまう。ハマるポケモンを見出したい。

 

選出、立ち回り

基本選出は特に無く(n回目)、相手の6体をこちらの3体で全て見れるように選出をする。

しかし、受けの構築ではどうしても4体選出したい時がある。そんな時は2体で相手の1体を見にいくこともある。

例としてギャラドスが相手にいてこちらのフシギバナを出すのが困難な場合、ドヒドイデで黒い霧をしてから毒を入れ、カグヤに引きスリップを稼ぐ方法をとっていた。ギャラドスは噛み砕く以外は両方に通る技を持たない為、くるくる回して役割の薄い方を切り1:1交換をする立ち回りを行う。

また基本的な立ち回りとしては明らかな有利対面以外は安定行動を心がけていた。

有利な時は負け筋を潰し、不利な時は勝ち筋を拾いに行く。

 

QRレンタル

[追記]

QRコードレンタル始めました!

トリトドンの大地の力を草結び対策でミラコに変更しました。

よかったら使ってください!

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-410A-81D1

 

おわりに

ここまで読んで頂きありがとうございます。

皆様の(受け)サイクル構築作成の参考になれば幸いです。

次のシーズンは2100を目指して頑張ると同時に、皆様とレートやオフで会える日を楽しみにしています。

それでは。

 

何か質問等あればTwitterまで〈 @yutashi_poke 〉

 ゆたしより

【考察・調整】地面Zトリトドン

 

f:id:hanataro0309:20170316095332g:plain

トリトドン

性格:穏やか

特性:呼び水

持ち物:地面Z

技構成:熱湯/大地の力/地割れ/自己再生

実数値(努力値):

207(164)-x-100(92)-112-147(252)-59

 

トリトドンは優秀なタイプと特性を持っている反面、HP以外の種族値が低いです。

耐久に振れば耐えた返しに一致弱点を突いても処理することが出来ず、火力に振れば上から落とされてしまいます。

そこで地面Zを持たせることで足りない火力を補い、同時に耐久に振ることで対面性能を上げました。

 

地面Zの主な利点

・対面からメガリザX、ルカリオクチート、バシャ、ゲンガー(滅びには負ける為)に勝つことができる

・トリック無効

 

以下ダメージ計算

HC-

上記のポケモンは大地の力Zで確定1発

H167ギルガルド79.0~93.4%(熱湯+地面Zで保険発動させずに突破)

 

HB-

無補正メガルカリオの適応力インファイト

-高乱数耐え(87.5%)

特化メガリザードンXの硬い爪逆鱗

-最高乱数以外耐え(93.7%)

特化珠バシャーモの飛び膝蹴り

-高乱数耐え(75%)

特化メガクチートのじゃれつく

-最高乱数以外耐え(93.7%)

 

HD-

無補正カプ・コケコの草結び

-高乱数2耐え(62.5%)

特化カプ・テテフのフィールドサイキネ

-超高乱数2発(対面からフィールド終わるまで粘れる)

 

質問等あればtwitter(@yutashi_poke)まで

トリトドンの地割れと毒々

特殊受けトリトドンの基本構成は

熱湯/地面技/地割れor毒々/自己再生

となるのが基本。

火力の低いトリトドンが高耐久を崩すために、地割れと毒どちらかが採用される場合が多い。

 

では、地割れと毒々の役割について整理していく。

 

地割れ

遂行速度の速い3割の絶対的圧力。

毒々との主な違いは、ハピラキに対して役割を持てる点。

また、安定はしないが身代わりのない瞑想型にも役割を持てることがある(レヒレなど)。

 [役割]

ハピナス/ラッキー/ピクシー/ヤミラミ/カプ・レヒレ/ニンフィア/スイクン

(交代読みの有効な相手) ナットレイ/フシギバナ/

 

毒々

地割れとの違いは、浮いている高耐久に役割を持てる点。

主にクレセやサンダーなど。

またマンダやサザンなど、地割れの構成ではろくなダメージを通せない浮いたドラゴンなどにも交換読みで通せる技となる。

当たり前のことだが、毒々は再生している間にもダメージを与えられる為、コケコが草結びを持っていたとしても毒から入ることで後出しから勝つことができる(特化トリトドンに対してコケコのc147草結び超低乱数2)。

[役割]

クレセリア/サンダー/

(交代読みの有効な相手) サザンドラ/ギャラドス/ラティオス/

 

ピンポイントメタになりワンチャンにかけられるのが地割れであり、一貫性、汎用性に長けるのが毒々といった印象。

 

ポリ2など地割れと毒々どちらでも倒せる相手については割愛。

質問等あれば Twitter @yutashi_poke まで

【S1】ぽわなまこ受けサイクル【最高2012】

皆様、シーズン1お疲れ様でした!

ポケモン達の新しい型の溢れる新環境、とても楽しかったですね。

そんなシングルレートを共に楽しんでくれた仲間達がこちら
f:id:hanataro0309:20170117090120j:image

そして、最高レートには至らなかったものの、今期も2000を超えることができました。
f:id:hanataro0309:20170117053730j:image

 これからバンクが解禁され、環境もまた変わってしまうので需要は薄いかもしれませんが、思い出代わりに読んで頂ければ幸いです。

それでは、常体で構築の解説をしていきます。

 

 

 この構築は自分の好きな戦術である受けの意識が強いサイクルパであり、全てのポケモンを後出しから受け切ることを意識して組んだ。

 

 

【パーティ紹介】

ボーマンダ

 

 陽気­­  ­­威嚇→スカイスキン  ボーマンダナイト

 175(36)-193(220)-150-x-110-189(252)

捨て身タックル/地震/身代わり/羽休め

 

調整の意図は特に無いためAS振りでよかった()

 技構成は範囲の広い2ウェポン、サイクルするための羽休め、そしてピン採用の身代わり。

この身代わりは環境に多かった毒ガルドを身代わりと地震で倒す為に採用した。そして後続のポケモンとのシナジーもあり、ポリ2ミラーで毒が入れば、ポリ2をマンダで突破できるようになったり、トドンの熱湯で焼いたカグヤに身代わりを合わせて詰ませるといった立ち回りも出来た。

この環境においてマンダはとても強く、止められるポケモンが少ないことや、冷Bガル、スカガブの減少によりとても動きやすかった。

 

トリトドン

生意気  呼び水  食べ残し

215(228)-107(28)-88-112-147(252)-x

熱湯/地震/地割れ/自己再生

 

役割遂行技の2ウェポンに低火力高耐久を貫くための地割れ、コケコやアシレーヌを重くみて眠るではなく再生。

食べ残しは、居座るターンが多いことや、毒や宿り木が入っても行動回数を増やすため採用。

アシレーヌのムンフォを3発耐えたり、草結びコケコに対して2回動けるようになる。

この環境で流行っていた特殊ポケモンのほとんどに強く、ほぼ選出していた。

初手のテテフ対面ではカプZを警戒して再生から入ることでサイクル崩壊を防いでいた。

ちなみにコケコのカプZ+シャインも耐える。

 ジュモクの持ち物が割れていない状態では、エナボ警戒でマンダやカグヤに引くといった立ち回りもしていた。

 

ナマコブシ

図太い  天然  ゴツゴツメット

161(244)-x-200(252) -x-152(12)-x

毒々/挑発/水浸し/自己再生

 

役割遂行の毒と再生、起点回避や補助技防止の挑発、火力低下と鋼タイプのための水浸し。

パルとミミッキュが重く悩んでいたところにナマコブシの案を頂き、個体まで貸して頂いた。本当にありがとうございます。

レート最終日に急遽採用されたこのポケモンは素晴らしい活躍で、パーティが低火力鈍足が故に積みポケモンに非常に弱かったところを見事埋めてくれた。

 

ポリゴン2

図太い  トレース  進化の輝石

191(244)-x-156(252)-125-115-82(12)

放電/冷凍ビーム/毒々/自己再生

 

 対ギャラの放電、対ガブマンダの冷B、耐久型への処理ルートを増やすための毒、再生。

ギャラマンダをはじめとする多くの物理ポケモンを受ける。

特性がトレースなのは、もらい火トレースによるシャンデラへの強さや、マルスケや威嚇トレースが強かったからである。

滝登り怯みで無理やり突破してこようとする不届き者ギャラドスもいるため、威嚇トレースは重要であった。

受けループのパーツでもあり、前述したトリトドンナマコブシと合わせて受け回し詰ませる勝ち筋も担っていた。

 

クワガノン

控えめ  浮遊  オボンのみ

175(180)-x-120(80)-198(116)-112(132)-63

※めざ氷Bu個体

10万ボルト/ボルトチェンジ/虫のさざめき/羽休め

 

ここまでで重いカグヤやバルジーナへの10万、サイクルを有利にするボルチェン、オニゴーリを見てのさざめき、羽休め。

努力値はめざ氷だった頃の名残で、HBは特化マンダの捨て身耐え、ガブへのめざ氷の乱数を上げるための11nのC、残りD。

このポケモンでマンダとガブを見る必要もないため、Bの努力値はCとDに回してもよかったと思う。(Bはルカリオのインファ、Dはカグヤの放射を意識して調整するといいと思う)

これも仲良くして頂いてる方から貰った案で、実際によく出てきたオニゴーリは1匹残さず狩りとってくれた。

耐久がどうしても低いため、役割対象もそう多くなく出した回数は少なかったが、出せた試合は活躍してくれた。

 

テッカグヤ

勇敢 ビーストブースト 突撃チョッキ

201(228)-157(172)-124(4)-130(20)-132(84)-72

ヘビーボンバー/地震/大文字/めざめるパワー氷

 

HDはテテフの眼鏡サイキネ高乱数で3耐え、C190メガゲンシャドボ高乱数4耐え、Cはめざ氷でマンダの起点ならないくらいに、残りA。

ヘビボンは言わずもがな、地震は交代読みやギルガルドに、めざ氷はガブマンダのため。炎技が火炎放射ではなく大文字なのは、放射ではメガハッサムが落ちず、カグヤに役割集中したときにメガハッサムの剣舞泥棒で負けることがあったため大文字にした。

唯一このパーティで高速再生を持たないポケモンなので、体力管理は一番気を使った。

宿り木守るにしたいことは多々あったが、技範囲が広いため出しやすく、また交代読みの地震でジバコが出落ちしていく点が使いやすく強かった。

 

重いポケモン

ゲンガー(滅びも鬼火も)

鬼火当たったらトドンでも勝てないし、滅びで最低1匹持ってかれるのが辛かった。

残飯ガルド

一撃で飛ばせず、毒を撒き散らされるので重かった。トドンポリ2でPP枯らしにいったり、マンダに毒が入らないように慎重に交代したりしていた。

残飯テッカグヤ

宿り木守るならばまだしも、身代わりが熱湯で壊れないため非常に崩すのに苦労した。ただこちらは再生をほぼ全員が持っているため突破されることはなかった。毒持ちは負荷がかかりすぎるため勝てない。

サザンドラ

数が少ないことが幸いだったが、眼鏡だと誰も受けられない。かなり無理のあるサイクル戦を強いられた。

 マンムー

チョッキには地割れ撃たれるし、カグヤは氷柱の被弾多いと普通に負けるしですごく重たかった。

デンジュモク

エナボの存在や、催眠蛍火が非常に辛かった。一応トリトドンは蛍火シャインを2耐えするのだが、こちらの地震では落とせない為最速起きを強要された。

 

構築の感想

 基本選出は無いが、多かった選出はトドンナマコポリ2カグヤから3体選出することが多かった。特に対面構築にはトドンナマコカグヤの選出で全員見れていた。

勝ち筋として、マンダやカグヤの一貫を作る、ひたすら再生して受ける、が主な勝ち筋。

Z技の登場により受けの構築は厳しいと当初言われていたが、こうして2000を達成できたのは大きな自信に繋がったと思う。

 

 

 

長くなりましたが、ここまで読んでくださいましてありがとうございました。また、需要がありそうだったのでおまけとして個々の役割対象の詳細も後ほど記事にしておこうと思います。

何か質問等あれば@yuta_toritukaiまで。

バンク解禁後も共に楽しみましょう。それでは。

ゆたしより

 

定数ダメ最小HP調整表

よく使う3つ

左からゴツメ、火傷、天候

f:id:hanataro0309:20160916121159j:image

 

【考察・調整】毒みがマンムー


f:id:hanataro0309:20160916101621j:image

調整①

f:id:hanataro0309:20160916094350j:image

調整先

H 食べ残し&身代わり最大効率

A 余り

D 無振りクレセのサイキネで身代わりが最高乱数以外耐え

S 準速ガッサ抜き抜き

最速ガルド抜き

 

調整②


f:id:hanataro0309:20160916094157j:image

調整先

H 食べ残し&身代わり最大効率

身代わりが地球投げ耐え

A 余り

D 無振りクレセのサイキネを身代わりが高乱数耐え(81.2%)

S 準速ガッサ抜き

 

本来のマンムーの役割である、ボルトロスなどの電気タイプに加え、クレセリアポリゴン2ヒートロトム等もみることができる。

1度身代わりさえ張れれば、ヤドランにも役割を持て、身代わりがあることでギルガルドにもさらに有利となる。

崩しうる並びとしては、クレセドラン、クレセクチートが挙げられる。

氷柱張りの枠は氷の礫でもよい。パーティのガッサやサザンの重さで変えるとよいだろう。

【S17】マンダトドン軸受けサイクル【最高2021】

みなさま、ORAS最終シーズンお疲れ様でした。

僕は念願の2000を達成した喜びと同時に、力不足を実感した最終シーズンとなりました。

そんな最終シーズンを共にした仲間達がこちら
f:id:hanataro0309:20160913065015j:image

ちなみにこの構築は、あんぐらオフ3位の時の改良版になります。

以下個別紹介(常体)

 

f:id:hanataro0309:20160914041141p:plain

メガボーマンダ

陽気 威嚇 ボーマンダナイト

実数値 170-197-150-x-111-189(進化後)

努力値 ASぶっぱ残りD

捨て身/毒々/身代わり/羽休め

 

ルカリオを重くみての最速

ヘラやバナ、ルカリオを見るために採用。

ガルーラ軸やクチート軸に選出できない技構成のため、レートが上がるにつれ選出は減っていった。

見せポケとしての機能は果たしていたと思いたい、ほぼ選出してないので語ることがない。

オススメのマンダを誰か教えてください…

 

f:id:hanataro0309:20160914041713p:plain

トリトドン

生意気 呼び水 カゴの実

実数値 215-107-92-112-143-54

努力値 228-28-28-0-220-4

熱湯/地震/地割れ/眠る

 

とっても可愛い(*´ч`*)

クレセドランの誘うスイクン、マンダの誘う電気ポケに滅法強いため、このパーティの多くの弱点を補ってくれていた。

毒を盛ろうとするスイクンやサンダーを何度も絶望させた。

個体値は6v必須。Aを熱湯+地震で大体のメガゲンが落ちるところまで振り残りをHD。

Sは下降補正vでソーナンスと同速であるため、抜くための4振り。

これのあるなしでは対ゲンガナンスがかなり変わるため6vをしっかり厳選しよう。

 

f:id:hanataro0309:20160914041558p:plain

クレセリア

図太い 浮遊 ゴツゴツメット

実数値 227-x-189-95-151-105

努力値 HBぶっぱ残りD

冷B /電磁波/スキスワ/月の光

 

圧倒的数値を誇る物理受けであり、かつ誤魔化しにも長けた技構成とした。

この技構成であれば、電磁波をガルやマンダに身代わりでスカされたとしてもスキスワで火力を奪うことができる。

起点にされやすいとよく言われるクレセリアだが、裏を厚くすれば安定行動を取りやすく、使いにくさは感じなかった。

 

f:id:hanataro0309:20160914041746p:plain

ヒードラン

控えめ 貰い火 突撃チョッキ

実数値 191-x-126-198-136-97

努力値 196-x-0-236-76-0

マグスト/ラスカノ/大地の力/原始の力

 

耐久はHSメガゲンの気合玉を低乱数2(25%)

チョッキを盾に電気タイプも相手にできる。

持ち物無しゲッコの波乗り2耐えして本当に驚いた。

今まで眼鏡で使っており、与ダメが少ないため瞑想ニンフに勝てないのではと思っていたがそんなことはなかった。

急所待ちにはなるが、ハイボのダメージがろくに通らないためかなりの試行回数を稼げる。

そして火力のあるマグストが本当に強い。威力スリップの優秀さに加え、確実に有利対面を作ることのできる効果が本当に強く、サイクルを有利にすることができた。

 

f:id:hanataro0309:20160914041412p:plain

マリルリ

意地っ張り 力持ち オボンの実

実数値 175-112-128-x-100-75

努力値 0-252-220-x-0-36

滝登り/じゃれつく/アクジェ/滅びの歌

 

とても可愛い(*´ч`*)

努力値は特化マンダの捨て身を最高乱数以外耐え、同族、ミラー意識のS振り

ここまでで厳しいサザンやバンギ、メガギャラを見るために採用、それらがいない場合はあまり出さない。

基本の3種類の技に加え、ラストになんとなく滅びを入れてみたがこれがとてもよかった。

滅びはバトン展開の阻止やポイヒガッサの流しなど、パーティの穴を埋めることができた。

 

f:id:hanataro0309:20160914041524p:plain

メガリザードンX

陽気 硬い爪 リザードナイトX

実数値 185-151-131-x-105-167(進化後)

努力値 HSぶっぱ残りA

ドラクロ/ニトチャ/鬼火/羽休め

 

ガルーラや意地ガブの上をとるための最速。

しかし、最速ガルは猫から入るため、わざわざ同速勝負をせずにそれを見てから引けばいい。最速ランド抜きの158までSを落としても良さそう。

このポケモンが本当に強い。レボルト、ゲッコに強い裏メガとして採用したがいつのまにかリザにばかり頼っていた。

マンダでは勝てないクチート軸に選出でき、ドランと合わせて選出圧力にもなっていたかもしれない。

ガルーラは当然にリザに突っ張ってくるため鬼火が非常によく刺さった(空元気はしらない)

対面厨パと呼ばれる並びにも、リザクレセトドンの選出で受けきることも多々あり、この構築とも噛み合っていたと思う。

 

〜構築の感想〜

ラプラス無理すぎ。フリドラ考えたの誰だこら。

…崩す手段の無い相手も多く、受けループのようにサイクルを回しているだけで勝つことも多々あった。無理なポケモンが少なく、幅広く対応もできる点もよかった。僕は挽回のプレイングが上手くないため、安定行動を取りやすいこの構築は僕自身にも合っていたのだと思う。サイクルを回していてとても楽しかった。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。サンムーンで会いましょう。

ゆたしより

 

最高レート

f:id:hanataro0309:20160913083231j:image

最終レート

f:id:hanataro0309:20160913083237j:image